車ローンは他に借金があってもできるのか気になる

全部で借金が70万円ほどあります。遊びなどの理由で借りているローンではないのですが、生活目的で借りているローンについては、金額によっては車ローンに影響をするでしょうか?返済については延滞なく支払っています。

延滞なく支払っているのであれば問題は少ないです

今では、ローンについてもずいぶんと様変わりをしています。まず、質問者様が気にされているようなローンについては、そこまで新しいローンを組む際に影響を与えないようにもなっています。大事なのは、現在までの支払状況とされる情報です。こちらについては、業者側でデータベース(信用情報機関へのアクセス)で調べられるようになっていますので、嘘をついてもすぐにバレるようになっています。

また、バレてしまった場合には信用情報に悪い評価がつくので注意してください。次に、返済について延滞なく支払っているようであれば、むしろプラスの評価がされているでしょう。なので、車ローンにおいてはローン額が高くないようであれば、特に問題なく審査通過となるはずです。実際にローン審査をされている人では、年収が200万円であっても100万円以上の自動車を購入されています。

それと、もし担保・保証人がつけられるようであれば、車ローンについてはつけておいたほうがよいです。というのも、借りられる金額が高くなるようになるだけでなく、実は借入期間についても長くなるからです。短期でローンを組んでいると、人によっては返済で苦労します。そのようなローンがあると、将来的にはさらに借入が難しくなるので注意しておいたほうがよいです。

車の為にマイカーローン以外にもキャッシングでも借金は可能?

車を買うときはマイカーローンなど、それを使途としている商品から資金を借りることが一般的です。しかし、キャッシングからでも車の為に借金を作ることは可能なので覚えておくと便利です。

まず、同じ資金の借入でも上記の2つの金融商品ではどちらの方が有利にお金を借りれるのかは気になるポイントです。それぞれの金融商品から自分がどのくらいの金額を借りるのかによって比較をしておくのが良いです。傾向としてはやはり車購入を使途としているマイカーローンの方が金利が安い傾向にあるので有利になります。しかし、その反面としては審査が厳しいことも事実です。なので、一つの状況として少しだけ車購入のお金を借りなければならないという人の場合はキャッシングから少しの金額を借りると便利になります。

キャッシングというのは小額の借入に対する審査が非常に甘いです。そのため、少しの金額を借りることができれば車を購入することができるという人はキャッシングを利用する方が目的の金額をスムーズに借入することができます。もちろん、キャッシングの金利を見ると、小額の借入ではとても利率が高くなりますが、それでも借入金額が小額なので実際のところはそれほど大きな利息の負担にはなりません。これはキャッシングをする前に一度返済における利息の計算をしてみると良いです。

キャッシングの利息は利率×借入金額÷年間日数で日割り計算ができます。こうして日割り計算をしてからその数字に借入日数をかければ返済日に支払う利息の金額を計算することができるので、とても計算は簡単です。10万円を18%という高い利息で借りる場合なら10万円×18%÷365=約49円となり、49円を30日で計算すると1470円です。とても安い利息になります。このように利率が高くても借入金額が安いので利息額は安くなります。

マイカーローンを利用する以外にもキャッシングの活用は可能なので、便利な方法として覚えておくと良いです。