未成年でもお金を借りる方法を教えて欲しい

お金を借りるのは未成年では無理のようなことをネットで見ました。ですが、実際にお金を借りることができている同年齢(未成年)の友人がいて?という感じです。これは、もしかすると未成年でもお金を借りられるような裏技があるのではないでしょうか?

未成年でもちょっとしたコツでお金を借りられます

未成年=絶対にお金を借りられない・・・というわけではありません。例えば、カーローンがそうなのですが「親に法定代理人」になってもらうようにすれば、親のローン状況にもよりますが100万円ほどのカーローンが組めたりするでしょう。逆に、親が財産持ちでなく収入も不安定という場合にはローン契約は難しいです。ご友人については、親の収入・返済などが安定しており新規のローンが組めたのだと思います。

次に、カードローンについてですが、親にローン契約だけを結んでもらっておくという手段もあります。この場合には、契約者は自分となり法定代理人として親が間に入るという感じです。ですが、支払については契約者の自分ではなく、口座を親のものにしておけばよいので支払責任についても親にしておくことが可能なのです。ただ、こちらについても親の承諾がないといけません。

そして、お金を借りるのを未成年だけで行うのは無理なのか?という、実はそうでもなかったりします。例えば、クレジットカードであれば未成年であっても契約が結べるようになっているものがありますので、クレジットカードで限度額が低いもので契約を結んでおきます。利用をしていると、キャッシュ枠というものが利用できるようにもなりますので、後はこちらでキャッシュ(現金)をゲットすれば自分でお金を借りて使うというのが可能になるのです。

未成年でお金を借りるときの注意点はどのようなこと?

金融会社によっては未成年でもカードローンからお金を借りることができますが、利用する際の注意点はしっかりと覚えておきたいものです。未成年の場合でも、最も注意をすべきことはお金を借りるときに借り過ぎることを防ぐこと、そして返済日をしっかりと守ることだと言えます。

まず、カードローンの借り過ぎというのは自分のお金の借り方を考えることでしっかりと防ぐことができます。カードローンを持つといつでもお金を簡単に借りることができるので、借り過ぎるという人はとても多いです。もし、お金を借り過ぎてしまうとどうなるのか、これは簡単に借金の金額が大きくなるので返済が辛くなります。返済が困難になりやすいため、借り過ぎによって返済不能に陥るというケースもあります。未成年の場合は返済不能になりますと、保証人や同意人である親に対する請求があります。なので、お金を借り過ぎることで保証人等に迷惑がかかってくることはしっかりと認識しておかなければなりません。そもそも、未成年としてカードローンを利用するときは特殊な条件を満たす必要があるので、親など保証人や同意をしてくれる人のおかげで借入できていることをしっかりと感謝しておきたいところです。

未成年として返済をする時でも返済日はいつなのか、そして返済日にいくらの金額を返済するのかなど、返済に関する管理はしっかりと行いたいものです。返済日に遅れると遅延損害金として利息が高くなります。そして、返済日に遅延することが多くなるとカードローン利用停止がありますし、契約先の会社から信用されなくなります。返済日に遅れることは本当に多くのデメリットがあり、メリットは何一つないことを知っておかなければなりません。

このように未成年としてお金を借りるときは上記のような内容を注意点としてしっかりと覚えておくことが基本となります。正しくカードローンを活用して、上手にお金を借りれるようになりたいところです。